BLOGブログ

農作業@横浜

【咲いた!大根の花。子孫をつなぐとは・・・】(2019/03/22)

【咲いた!大根の花。子孫をつなぐとは・・・】(2019/03/22)
 
 あなたは、大根の花は何色だと思いますか?
 
 
 
 はい、どうもこんばんは~、こーじーでございます。
 
 
 
 何はともあれ、写真を見てください。
 大根の花が咲きましたよ。
 花の色は「白」でした。
 
 
 
[caption id="attachment_4681" align="alignnone" width="960"]咲いた!大蔵大根の花 咲いた!大蔵大根の花[/caption]
 
 
 
 そして、こーじーが育てているのは、「大蔵大根」という品種でございます。この大根の花は、写真でわかるかどうかという、うっすらとした紫色でございます。はかないですねぇ。
 
 
 
 そう、日本人というのは、この微妙な色の違いに敏感でして・・・
 
 
 
 いま桜の季節ですね。
 桜の花の色も、品種によっていろいろでございますね。そして、ソメイヨシノの、この淡いピンクが好きな人が多いですよね。
 
 
 
 おっと、話がそれました・・・
 
 
 
 今日は「子孫」の話を書こうと思います。
 
 
 
 日本の農業では、ほとんど子孫を育てません
 
 
 
 ??
 
 どういうこと?
 
 
 
 って思った方もいるかも知れませんね。
 
 
 
 あらゆる生物にとって、子孫というのは種の存続のために大変重要なものですね。
 
 
 
 もちろん人間もです。
 
 
 
 子孫がいなくなれば、あなたの遺伝子は途絶えてしまいます。
 
 
 
 農業においては、使われる種がほとんど「F1種」と呼ばれるものです。そして、一度種をまき、収穫したら、そこからは種を採らないんですね。
 
 
 
 そのお野菜さんは、大人になり子供をつくり・・・
 野菜においては、それは種をつけることですね、
 というわけですが、農家さんはその種を採ったり、次の年にそれを蒔いたりしないんです。つまりそのお野菜さんの子供は育つことはありません。
 種屋さんから新しい種を買ってきて蒔くんです。
 
 
 
 そこには、いろいろな事情があるので、批判しているわけではないです。
 ※どんな事情があるのか、興味がございましたらコメントください。反響があれば、また記事にしたいと思います。
 
 
 
 しかし、人間に例えたらとても悲しくないですか?
 
 
 
 こーじーはそう思います。
 
 
 
 人間において、自分の子供がいないとは・・・
 
 精子を買ってくる?
 体外受精をする?
 受精卵を買ってくる?
 
 
 そんな感じに似ていると思います。
 
 ※不妊治療をされている方など、やむを得ない事情があってそうされている方もいると思います。気分を害されたら申し訳ありません。
 
 
 
 だから、まんまる楽園では、子孫をつなぎます
 何も問題がなく、つなげるものなら、それはつなぎます。それをお野菜さんも望んでいると思うから。
 
 
 
 今日「大蔵大根」が花を咲かせました。
 そして、種をつけるでしょう。
 
 
 
 こーじーは、この種を採って、また子供につなぎます。
 そうやって、大蔵大根の家系を守っていきたいものです。
 
 
 
 もし、あなたも農業をするのであれば、子孫をつなぐ農法にしませんか?
 
 
 
------------------------------
最後までお読みいただきありがとうございます。
感想や質問、要望など頂ければ励みになります。
また、農園の見学や農作業したい、共に活動したいなどのお問い合わせもお待ちしています。
 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
ランキングに参加していますので1日1クリック
 
ご協力よろしくお願いします。
 
#自然農
#半農半X
#自給自足
#横浜
#大蔵大根
#種の存続
#子孫
#絆ぐ

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > BLOG > 【咲いた!大根の花。子孫をつなぐとは・・・】(2019/03/22)

〒245-0021
神奈川県横浜市泉区下和泉2-21-25

© 2020 まんまる楽園