BLOGブログ

農作業@龍ケ崎

自然農の農作業(間引き、ごぼう・キャベツの種降ろし、ニラの収穫)(2015/10/22)

今日は茨城県龍ケ崎市の畑に来ました。毎週1回づつ畑に来て作業していますが、今の所丁度良い頻度のようです。
 
 
 
のらぼう菜は順調に育っていて、本葉が4,5枚になってきました。混み合っているところを間引きしました。
[caption id="attachment_3971" align="alignnone" width="768"]のらぼう菜 のらぼう菜[/caption]

[caption id="attachment_3972" align="alignnone" width="1024"]のらぼう菜 のらぼう菜[/caption]
 
 
 
人参も本葉が出てきました。まだ間引く時期ではないので水やりだけしました。


[caption id="attachment_3974" align="alignnone" width="1024"]人参 人参[/caption]
 
 
 
大根も順調に育っています。かなり大きくなってきたので、間引き菜が食卓で活躍します。やはり混み合っているところを間引きました。


[caption id="attachment_3976" align="alignnone" width="1024"]大蔵大根 大蔵大根[/caption]
 
 
 
玉ねぎは、芽が出揃ってきました。来週から間引く必要があるかもしれません。今日は草刈りだけしました。


[caption id="attachment_3978" align="alignnone" width="1024"]玉ねぎ 玉ねぎ[/caption]
 
 
 
じゃがいもは生育が早いですね。多少芽が重複して出ているものが残っていたので、芽欠きを行いました。
[caption id="attachment_3979" align="alignnone" width="1024"]じゃがいも(デジマ) じゃがいも(デジマ)[/caption]
 
[caption id="attachment_3980" align="alignnone" width="1024"]じゃがいも(アンデス) じゃがいも(アンデス)[/caption]
 
 
 
そして、キャベツとごぼうの種降ろしをしました。
キャベツは点蒔きにしてみました。苗床に植えて、大きくなってから移植する方法もあります。30〜35cm間隔に草や表土を剥いで、5,6粒種を降ろし、土を被せて押さえます。押さえる理由は土を密着させることで乾燥を防ぐためです。最後に枯れ草を被せておきます。私の畑の畝は約1m幅なので、2列に蒔きました。
 
 
 
ごぼうは、美肌ごぼうと滝野川大長ごぼうを蒔きました。筋撒きで種を降ろします。1畝に2列の筋を作り、種を蒔いて、土を被せ押さえます。最後に枯れ草を被せます。
最後に収穫物。今日は間引き菜とニラを収穫しました。実はニラが生えていることに今になって気付きました!(◎_◎;)
 
 
 
貸主さんが以前育てていたものが、生えてきました。ありがたく収穫させていただきました。ニラは根元で切って収穫することで、何度も生えてきます。とてもありがたい野菜です(≧∇≦)
 
 
 
[caption id="attachment_3981" align="alignnone" width="1024"]ニラ ニラ[/caption]
 
  

今日の収穫
[caption id="attachment_3982" align="alignnone" width="1024"]収穫した野菜 収穫した野菜[/caption]
 
 
 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ

↑↑↑

今日も江ど間のまんま農のブログをのぞきに来てくださってありがとうございます。

ランキングに参加していますので1日1クリック

ご協力よろしくお願いします。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > BLOG > 自然農の農作業(間引き、ごぼう・キャベツの種降ろし、ニラの収穫)(2015/10/22)

〒245-0021
神奈川県横浜市泉区下和泉2-21-25

© 2020 まんまる楽園