【貯水槽建設】凍土壁に囲まれて、壁一段目を積む(2020/02/06)

 横浜市も猛烈に寒い!
貯水槽の壁の土が白く光っています。
これはなんだ?
 
 はい、どうもこんばんは~、
こーじーでございます。
 
 昨日2/6の横浜市は最低気温0℃
冷え込みました。
でも貯水槽は造らないとね、
というわけで貯水槽にやってくると、
 
 壁が白い!
 
 なんじゃこりゃ?
 
 

まさに凍土壁、壁が凍っています。
まさに凍土壁、壁が凍っています。

 
 
◎*・・・・・・・・*◎
* 壁が凍っていた! *
◎*・・・・・・・・*◎

 
 なんとまぁ、
白く見えたのは氷でした。
土の壁から、棘のように氷が突き出ています。
こんなの初めてみたよ(驚)
 
 まさに「凍土壁
 
 それでも作業はやります!
 
 
◎*・・・・・・・*◎
* まずは周りから *
◎*・・・・・・・*◎

 
 前回は、貯水槽の底に
ブロックとレンガを
仮置きしてみました。
そして、今回は、
モルタルを敷いて正式に設置していきます。
 
 まずは、貯水槽の周りとなる
壁から設置していきます。
 
 地面にモルタルを敷き、
水平分度器で水平かどうかを
はかりながら、
コンクリートブロックを
設置していきました。
 
 
貯水槽の壁の一段目を設置中。
貯水槽の壁の一段目を設置中。

 
 
◎*・・・・・・・・*◎
* しもやけになる~ *
◎*・・・・・・・・*◎

 
 あまりの寒さに今日一日だけで
「しもやけ」になりそうです。
手も足も、指先がしびれてきます。
 
 おかげさまでお日様は出ていたので、
作業をしては、穴から出て、
お日様にあたって、温まって、
そして、また作業をしました。
 
 
 というわけで、今日はここまで。
次回は明日~。
 
 
 
#自給自足
#横浜
#水の自給自足
#貯水槽建設
#オフグリッド
#凍土壁
#壁作り
------------------------------
最後までお読みいただきありがとうございます。
感想や質問、要望など頂ければ励みになります。
また、農園の見学や農作業したい、共に活動したいなどのお問い合わせもお待ちしています。
 
 
 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
ランキングに参加していますので1日1クリック
 
ご協力よろしくお願いします。
------------------------------

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください