【自然農】ツタンカーメンエンドウと赤そら豆の種の蒔き方(2019/10/31)

 エジプトの墓から出てきた豆の子孫と言われている
ツタンカーメンエンドウ」と「赤そら豆」の
種の蒔き方をまとめました。
 
 
 はい、どうもこんばんは~、こーじーでございます。
 
 今日はツタンカーメンエンドウと
赤そら豆の種を蒔きました。
 
 
 
◎*・・・・・・・・・・・*◎
* 秋蒔きに伴ってやること *
◎*・・・・・・・・・・・*◎

 
 この時期は、種蒔きのついでにやることが
あります。それは
 
 「畝の修復」
 
 です。畝は時間とともに、雨風の影響で
徐々にくずれ、溝が浅くなってきます。
そこで、まんまる楽園では年に一度畝の修復をしています。
 
 
◎*・・・・・・*◎
* 畝の修復手順 *
◎*・・・・・・*◎

 
 畝の修復手順はこんな感じです。
 
 1.草刈り
  
  畝の高い部分も溝の部分もざーっと草刈りをします。
 普段の草刈りはなるべく地中の世界を
 壊したくないので、地上で草を刈ります。
 畝の修復のときは、畝の表面を平らに整えたいので、
 ときには草の根を切ったり、抜いたりもします。
 
 

草刈り前の畝
草刈り前の畝

 
 
 2.刈った草の移動
 
  このあと、畝を修復する上で、
 刈った草がじゃまになる場合は、
 草を別の場所に移動しておきます。
 
  今年やってみた方法をお伝えします。
  
  畝を半分ずつ修復する方法です。
 半分草刈りをしたら、刈った草を
 残りの半分側に移動します。
 そして畝の修復を終えたら、
 終了した方に刈った草を移動し、
 残りの畝の草刈り、草の移動、畝の修復を
 行います。
 
 3.畝の修復
 
  鍬を使って、溝にたまった土を
 畝の高い部分に上げていきます。
 細かい作業は移植ゴテ(スコップ)を
 使ってもいいです。
 そして、畝の高い部分の表面を平にします
 
 
◎*・・・・・*◎
* 種の蒔き方 *
◎*・・・・・*◎

 
 ツタンカーメンエンドウと赤そら豆の
種の蒔き方です。どちらも同じで構わないと思います。
 
 1.草刈り
 
  種を蒔く場所だけ丸く草を刈ります。
 今回は、畝の修復も同時に行っているので、
 草刈りは完了しています。
 
 2.穴掘り
 
  種を蒔く場所に穴を掘ります。
 深さは1cmくらいで良いかと思います。
 (種の大きさに合わせて深さを変えます)
 1つの畝に2列に穴をほっていきます。
 穴と穴の感覚は30~40cmくらいでしょうか。
 
 
種まき用の穴を開けたところ
種まき用の穴を開けたところ

 
 
 3.種蒔き
 
  1つの穴につき、3粒ずつ種を蒔きます。
  
 
ツタンカーメンエンドウの種を3粒ずつ蒔きました
ツタンカーメンエンドウの種を3粒ずつ蒔きました

 
 
赤そら豆の種を2粒ずつ蒔きました
赤そら豆の種を2粒ずつ蒔きました

 
 
 4.土をかぶせる
 
  種の上に土をかぶせます。
 このときに手のひらでそっと上から抑えます。
 雨で種が流れてしまわないように、
 少し土をまとめる目的で行います。
 
 5.草をかぶせる
 
  最後に畝の表面に草を被せます。
 畝の保湿、保温、そして、養分の役割をします。
 
 
草をかぶせたところ
草をかぶせたところ

 
 
◎*・・・・*◎
* 次の一歩 *
◎*・・・・*◎

 
 えんどう豆やそら豆の成長を見てみたい、
ツタンカーメンエンドウって他のえんどう豆と
どう違うの?
そんな興味を持った方は、
ぜひ、一度「農園体験」に来てみませんか?
 
 次回は11/16(土)です。
 
 ◎農園体験イベントはリンクをコメント欄に張っておきます◎
 http://manmaru-rakuen.com/farm/intro/
 
 
#自然農
#半農半X
#自給自足
#横浜
#ツタンカーメンエンドウ
#赤そら豆
#種蒔き
#畝の修復
 
 
 
------------------------------
最後までお読みいただきありがとうございます。
感想や質問、要望など頂ければ励みになります。
また、農園の見学や農作業したい、共に活動したいなどのお問い合わせもお待ちしています。
 
 
 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
ランキングに参加していますので1日1クリック
 
ご協力よろしくお願いします。
------------------------------

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください