【たった1ヶ月!1年間に働く日数とその秘密】

 1年間に働くのはたったの1ヶ月だけ
 
 あなたは、そんな暮らしに憧れますか?
 
 
 どうも、こんばんは~、こーじーでございます。
 
 
 通常、お金を稼ぐために
 
 「毎月」
 
 働きますよね。
 バカンスのある国でも、それ以外の月はすべて働きますね。
 
 
カレンダー
 
 
 
 でも、1ヶ月しか働かない人がいたんです。
 
 
 割合にして、12分の1
 日数にしたら1年間に20日少々
 
 
 それは、前回ご紹介したオーストラリアのエコビレッジに住むおじいちゃんです。年金があるから・・・ではないですよ。
 
 
 生きていくのにあまりお金がいらないからなんです。
 
 
 じゃぁその1ヶ月だけの労働は何をしていたのか・・・
 それも氣になるところですが本質ではないので置いといてw
 
 
 なぜお金がいらないのか、
 実は方法があるんです。
 
 
 もう皆さんおわかりだと思います。
 
 「自給自足
 
 しているからお金が要らないんですね。
 
 
 そのエコビレッジが実現している「自給自足」・・・
 
 下記のものをすべて実現していました。
 
 ・食料
 ・飲料水
 ・エネルギー(電気、燃料)
 
 
 一方、まんまる楽園では、食料のうち野菜のめどが立ちました。
 さらに、お米の栽培は今年挑戦中です。
 
 そして、もう1つ挑戦しているのが、本プロジェクト
 
 「水の自給自足
 
 です。
 
 
 自給自足を実現すると
 
 「お金が(あまり)要らない」
 
 だけじゃなくもう1つ良いことがあります。
 
 
 それが
 
 「外的要因に左右されない、依存しない」
 
 ということなんです。
 自給しているから
 
 「災害で断水」しても関係ない
 「水道代」が高騰しても関係ない
 
 ってことになります。
 安心♪ですね。
 
 
 というわけで、「水の自給自足」に挑戦しています。
 
 
 もしご賛同いただけるようでしたら、ご支援くださいませ。
 そして、このプロジェクトを拡散ください。
 
◎クラウドファンディングのご支援はこちら◎
https://www.makuake.com/project/manmaru-rakuen/
 
 
 なにとぞよろしくお願いします。
 
 
 
------------------------------
最後までお読みいただきありがとうございます。
感想や質問、要望など頂ければ励みになります。
また、農園の見学や農作業したい、共に活動したいなどのお問い合わせもお待ちしています。
 
 
 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
ランキングに参加していますので1日1クリック
 
ご協力よろしくお願いします。
 
 
 
#自然農
#半農半X
#自給自足
#横浜
#一農九命
#労働時間
------------------------------

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください