【ベランダ水田の米を食べてみた】

5月に福島県鮫川村の杉原 正利さんの畑で、頂いてきた土と苗で、ベランダ水田をつくり、お米を育てました。
 
 
 
さて、そのお米、少量ながら収穫できたので、ベランダで干していました。1ヶ月以上経ったので、脱穀してみることに。といっても自宅に脱穀する機械がないので、手で藁からもみを外しました。
 
 
 

収穫して干しておいた稲穂
収穫して干しておいた稲穂

 
脱穀したお米
脱穀したお米
脱穀したお米

 
 
 
次に籾摺り。籾から玄米を出す作業ですね。こちらも籾摺り機がないので、すり鉢とすりこぎでやってみることに。もみをすり鉢に入れ、すりこぎでスリスリ。籾殻が出てきたら、口でフーッと吹いて籾殻を飛ばし、またスリスリ。やっているうちにコツが分かってきて、力はさほど要らず、すりこぎで籾をすり鉢に押し付けるようにして、スリスリするといいようです。籾殻が取れたので、いわゆる玄米になりました。
 
 
 
すり鉢で籾摺りした所。いわゆる玄米です。
玄米
玄米

 
 
 
計量カップで計ってみたら、たったの25ml!(◎_◎;)
少なっ!
 
 
 
計量カップで測ってみた
計量カップで測ってみた

 
 
 
仕方ないので購入した白米と混ぜて炊きました。少な過ぎて食べても味はわかりませんでした(悲)
 
炊きあがったご飯
炊きあがったご飯

 
 
 

スポンサードリンク



にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
今日も江ど間のまんま農のブログをのぞきに来てくださってありがとうございます。
ランキングに参加していますので1日1クリック
ご協力よろしくお願いします。